SSブログ

熊野古道トレイルランニングレース2017(1) 前夜観光編 [RUN]

1年か2年に一度の贅沢、今回は・・・・

旅ラン in 熊野古道トレイルランニングレース2017 30kmコース

金曜の夜に東京を出発して、東名横浜町田から一路熊野へ。
東名~伊勢湾岸道路~東名阪~伊勢道~紀勢道~熊野尾鷲道を経て熊野街道へ。

途中休憩、仮眠ありで11時前に熊野市に到着。
DSC02840a.jpg

太平洋~!!

自分の軽がこんな遠い所まで来たのか。
DSC02837a.jpg


受付まで時間があったので付近をぶらぶら。。。

海岸から市民会館へと入る通りの風景。
DSC02849a.jpg


熊野市民会館前の道路
DSC02836a.jpg


海岸へと続く道路。。
DSC02853a.jpg

に置いてあるバス停のベンチ。
DSC02852a.jpg

潮風にさらされた木製のベンチ、

何とも言えない趣があるな~

海岸は一面の砂利。
DSC02843a.jpg


DSC02842a.jpg

DSC02845a.jpg


DSC02846a.jpg

ここいらの海岸はいきなり深くなるので遊泳禁止という事・・何だかもったいない。

蜃気楼・・・???
DSC02847a.jpg


防波堤の所々にある鉄の門。。
DSC02854a.jpg


海は広いな大きいな
DSC02857a.jpg

寄り添う恋人たちも良いな~

思わず鼻歌で「俺たちの祭」「潮風にちぎれて」が出てきそう・・・・
いや、あれは別れの歌だっけ?(^_^;)

前は海、
DSC02856a.jpg

後は山、
DSC02855a.jpg

抜けるような青空!


午後になり受付
DSC02861a.jpg

会場には手作りのルートマップ!ありがとうございます。

説明会を済ませたら温泉へ・・・・
長時間の運転で、クタクタになった体に沁み入る。
DSC02864a.jpg

夕闇が東京で見るよりも幻想的に感じたのだ。

その後、お世話になる熊野市の隣、御浜町の先輩宅に転がり込む。
海を望む小高い丘の上に建つ、築100年越えのビンテージである。
161cmの自分が手を伸ばせば天井に届くほど低い。
DSC02947a.jpg


DSC02949a.jpg

明治大正時代の平均身長サイズなのかな。
天井というより2階のフロア板なのだ。

次の日の事を考え早めに就寝。



旅行・観光(全般) ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます